© Gakubunkai All Rights. Reserved

 ​Column 

コラムコーナーとは
ここコラムコーナーでは岳文会員に自由気ままに何かを綴ってもらっています。
もしかしたら親しい人の意外な一面や、正反対だと思っていた人との共通点が見つかるかもしれません。
​文字を通じて理解や親睦が深まる、そんな場になればいいなと思います。
​更新は月1回程度です。
61期広報

​Back number

-過去のコラム-

Column-コラム-

地元愛の主張

 皆さん、山はお好きでしょうか?

 きっと皆さん山を愛していることでしょう。もちろんぼくも大好きです。しかし、正直山を登るよりも山を眺めるほうが好きです。ぼくの地元は周りは山ばかりだし、住んでいた町も実際に山を切り崩して開発させた土地にできた町でした。だから、上京するまでは毎日山を見ていました。時には長い時間立ち止まって遠くの山を眺めることもありました。なにが楽しいか分からないけど、そんなことをしていました。

 ぼくはついこの前地元に帰省しました。いつも帰省した時には必ず行く場所があります。それは地元のシンボルとも言える桜島です。実は桜島は繁華街から近く、フェリーで15分と気軽に遊びに行ける場所なのです。今回の帰省では、友達となぜか一晩中歩き回ったあと朝5時くらいにフェリーに乗って桜島に向かいました。フェリーの甲板で徐々に桜島の山が迫ってくるように見える光景は圧巻です。しかし、冬の海の上は風がありえないくらい強く、ものすごく寒いので注意しましょう。フェリーから降りたら徒歩5分くらいの場所に温泉があり、海を見ながら温泉に入れます。きれいです。また、足湯もあり、海も山もどちらも楽しめます。帰りのフェリーでは船内のうどんをいただくのがオススメです。おいしいです。実際地元の人は全く行かない場所ですが、たまに行くぶんにはとても良い場所です。

 桜島以外にも山はたくさんあります。温泉街と焼酎で有名な霧島には霧島山があり、宮崎との県境に沿ってそびえ立っています。本土の南方には開聞岳という山があり、ここもかなりキレイな山です。登るのに適した山は少ないですが、眺める分には素晴らしいものばかりです。さらに眺めるときには海と山の両方が一気に見られるところが素晴らしいです。皆さん人生で一度来るかどうか分からない場所ではあるでしょうが、ぜひ行く機会があれば参考にしてください。

 ちなみにぼくが山を眺めるときで一番オススメなのは飛行機の中から見下ろして見るときです。上空から見ると小さく見えるのに、圧倒的な存在感を出す山々は見ていてとても気持ちが良いです。

 62期 髙﨑