コラムコーナーとは

 ここコラムコーナーでは岳文会員に自由気ままに何かを綴ってもらっています。
 もしかしたら親しい人の意外な一面や、正反対だと思っていた人との共通点が見つかるかもしれません。
​ 文字を通じて理解や親睦が深まる、そんな場になればいいなと思います。
​ 更新は月1回程度です。
広報より 

すべて15%オフ

005.jpeg
Column 2022  -コラム-

「感謝と抱負」

どうも皆さんこんにちは。今月のコラムを担当します64期の高田という者です。皆さん最近はいかがお過ごしでしょうか。最近寒くなってきましたので風邪などひかれないようお気を付けください。

先日幹部交代式がありこれまで一年間サークルを引っ張ってこられた63期の先輩方が引退され、僕ら64期が幹部代となりました。正直な話当初先輩方が考えているこのサークルの目指すべき姿は僕の考えているものとは違い、生意気ながらそれは違うのではないかと不満を持っていました。しかし先日自分たちが幹部代として初めて行われた定例会の際に、初めてサークル運営の難しさを感じることとなりました。これだけ大勢の人数全員を楽しませて不満がないようにするのは大変なことです。僕が身勝手で私利私欲を満たしていると思っていた先輩方は実は裏でかなり頑張っていて、苦労していたのだろうなと推察しました。改めまして63期の皆さん、特に幹部の皆さんお疲れさまでした。そして1年間僕たちが楽しめるよう企画や定例会を盛り上げて頂きありがとうございました。

63期の皆さんが引退された今これからサークルを引っぱっていくのは僕たち64期です。大変ありがたいことに僕も会計という職をいただき幹部となりました。1年生のころは全然目立たない存在で先輩も僕のことをあまり覚えてはくれませんでした。参加率もとても低くて2回に1回企画に行くか行かないかみたいな感じでとてもサークルに参加しているとは言えない状態でした。当時はもうやめようかとも悩んでいて、去年の11月なんか今の副幹事長ともうやめちゃった子の3人でこのサークルやめようみたいな話をしていたぐらいです。そんな僕を止めたのが65期の後輩の入会でした。正直あまりやる気のない感じで新歓企画いったのですが、何個か行くうちに後輩の何人かが僕のことを慕ってくれるようになりました。次第にそれがうれしくなってきて、サークルにもよく行くようになっていきました。そのあと企画者、夏合宿や各企画のサブリーダーをやっていくうちに先輩との結びつきも増えて岳文会がめちゃくちゃ楽しいと思うようになって、先輩の後押しをうけて幹部になって今に至ります。

長くなりましたが今後の抱負として、今の岳文会に正直いって馴染めていないと感じているサークル会員は一定数いると思います。僕がだんだん楽しくなっていったようにこのサークル楽しい!と思ってくれる人が一人でも増えてくれるようなサークルを幹部の一員として創りあげていきたいと思います!最後まで読んでいただきありがとうございました。   

 64期 高田

​Column

過去のコラムは
こちらをクリック!

 

A Word of the Month-ひとこと-

 幹部交代式が先日行われました。幹部交代して初のコラム更新です!コラム更新することでさえ慣れない仕事で難しく、前広報の先輩に沢山助けて頂きました☺️ありがとうございます🙇🏻‍♀️

そんな今回のコラムを書いてくれたのは64期幹部の会計君です!これからの仕事ぶりに期待大です!